パソコンの簡単な使い方!

ショートカットを多用すればより簡単に使える

パソコンを簡単に使う方法として良いのがショートカットを多用する事で、例えばアプリ起動をする時は、ファイルを開く時にそのショートカットをデスクトップに作っておけばそのアイコンをクリックするだけですぐに起動することが出来ます。ショートカットを作らない場合は、ファイル操作ソフトを利用してディレクトリをたどってその目的のアプリやファイルがある所まで探して行かなければなりません。
なのでそういう意味で、ショートカットを作っておくと、簡単スピーディーにパソコンが使えるようになるのです。ほとんどのOSでそのようなショートカット機能が備わっていますの、より簡単に使いたいならその便利な機能を活用して行くと良いでしょう。

キーボードのショートカットキーも便利

また、ファイルアクセスのためにショートカットを作る方法の他に、キーボードショートカットを利用するのもオススメの方法です。キーボードショートカットを使えば、キーボードから手を話してマウスをいじらなくてもパソコン操作が可能となります。ショートカットキーを一回押せば、それだけで様々な機能を使えますので、マウスでメニューから機能選択するより高速です。
パソコンのプロほどそのようなショートカットキーを多用している現状がありますので、高いレベルでパソコンを使いこなせるようになりたい方や、簡単に操作がしたい方はショートカットキーを覚えて行きましょう。ソフトウェアごとに特定のショートカットキーがあるものもあれば、ほぼ全てのソフトウェアに精通しているキーなど種類があります。